ワンちゃんがいる暮らし!

ワンちゃんがいる暮らし

ワンちゃん,暮らし
今から11年前に一番最初の子、ロングコートのチワワを迎えました。

 

それ以前はワンちゃんが本当にダメな私でした。

 

幼い頃にワンちゃんに噛みつかれたのが原因です。

 

通り道にワンちゃんがいるだけでもその道を通れない程で、つないであるからと
言われても抑えててもらわないと通れない程でした。

 

小型犬であろうとも苦手で、わたしが怖いのを知っていて無理やり私を見ては
離す近所のおじさんがいてそれからというもの余計に苦手になってしまってました。

 

主人と結婚したばかりの時に主人の友人宅へ遊びに行った時です。

 

ワンちゃん(チワワ)がいて玄関で呆然と立ち尽くす私に、友人の奥さんが
『ワンちゃんダメなの?』と抱っこしてくれていたんですが、暴れもしないおとしなく
抱っこされたままのいい子であまりのおとなしさにちょっと触ってみたくなりました。

 

恐る恐るですが、ワンちゃんを触り、抱っこできた事でチワワなら大丈夫かも?
なんて思い友人が購入したというネットのショップを早速覗いてみました。

 

すると、一目惚れしちゃう様なかわいい子がいました。

 

すぐにショップに電話すると、『まだ昨日来たばかりの子なんですよ』と言われ、
すぐに仮予約をお願いしました。

 

車で3時間ほど掛かる場所だったのですが、お迎えに行き連れてきました。

 

連れてきた当初から本当にいい子でトイレはちゃんと出来るし、噛みつきもしない、
吠えない、すごくいい子に巡り逢えました。

 

この子のおかげで動物病院に行く機会も増え、その中でワンちゃん達にたくさん行き会う
機会もあり他のワンちゃんともスキンシップが出来る様になった私です。

 

ワンちゃんは怖くないんだよと教えてくれたのがこの子でした。

 

今ではこの子のいない生活なんて考えられません。

 

ワンちゃんが大丈夫になった事でその下に2匹の娘たちを更にお迎えしています。

 

ワンちゃんがいる生活、ワンちゃん中心の生活にどうしてもなってしまっていますが
幸せです。

 

これからも大切にします。

 

うちの子が一番!

 

犬がいる生活は本当に楽しいです!私は小学生の頃からずっと犬を飼っていますが、
どの子も個性があってみんな可愛いです。

 

猫ブームと最近言われていますが…私はどちらかというと犬派です!!
実際犬しか飼ったことがないのですが。

 

正直…どんな犬でも、うちの子なら可愛いんです(笑)。

 

多少は言うことを聞かなくても、顔が悪くても、「うちの子が一番だ」と飼い主なら
誰でも思うことだと思います。

 

実際に今飼っている雑種の犬くんは保健所からの保護犬ですが、
可愛くて仕方がありません!

 

毎日、マッサージをしてあげると、そのまま寝てしまうくらいです。

 

以前に私は同じ犬種の犬を何匹も飼っていたことがあります。
「みんな同じ顔だね」と言う人もいましたが、私はいつも「全然違う!」と
言い返していました(笑)。

 

親子姉妹でみんな性格も顔も違うんですよね。

 

犬たちとはいっぱいの楽しい思い出ばかりですが、いつかは最後の別れと
言うのが来てしまいます。

 

何度も経験はしましたが、本当に辛いです。

 

しかし、いつかは別れるのだから、「今」を大切にしよう、一緒に楽しもうという
気持ちです。

 

犬ちゃん(猫ちゃんも!)たちがみんな幸せになってくれると良いなと思います。

 

 

可愛い子犬に癒されて来ました

 

数週間ほど前の事なのですが、離れて暮らしている私の親戚が子犬を
飼い始めた事を聞き、家族で見に行って来ました。

 

私の家は猫は飼っているものの、犬は吠えたりして騒がしいと言う理由で
飼っていなかったため、子犬に会うのがとても楽しみでした!

 

たまたま双方とも休みだったという事もあり、結構長い間子犬と遊ぶことが
出来ました。

 

子犬と間近で触れ合うのは初めてだったのですが、もうとにかく可愛いです。

 

鳴き声もまだ子犬な為、キャンキャンという感じの高い鳴き声でしたし、
凄く人懐っこいんです。

 

初対面の私にもすぐに懐いてくれました。

 

犬は、猫などとはまた違う形でこちらを癒してくれますね。

 

すっかり癒されてしまいました!聞いてみるとどうやら、犬好きの知人から
引き取った子犬だそうで、親犬はその知人の方にいるのだそうです。

 

まあ数が増えると飼うのも大変になりますから仕方のない事なのですが、
親犬と離れて寂しい分、少しでも飼い主側が可愛がってあげて寂しさを
埋めてあげたいですね。

 

可愛い子犬にたっぷりと癒されてとても有意義な時間を過ごすことが
出来ました。

 

今は家の都合で犬は飼うことができませんが、いつか私も可愛いワンちゃんを
飼ってみたくなりました。

 

これから犬を飼う予定がある方がいましたら、出来る限り目一杯可愛がってあげて下さい。

 

病気にかかりにくいおすすめのドッグフードランキングなどを参考にして
元気に長生きさせてくださいね^^

 

そうすればきっと、ワンちゃんの方もお返しにあなたをたっぷり癒してくれると思いますよ。

 

犬の心境がわかるのは「しっぽ」、私たちの心境がわかるのは

 

犬は感情表現が素直でストレートな動物だと思います。

 

しっぽの動きからも喜怒哀楽がわかりますね。

 

私は初対面の犬にもなぜか好かれるオーラがあるらしく、自分でも
不思議なくらいどんな‘‘子’’とも仲良くなれます。

 

親友が犬を飼い始め初めておじゃましたときも、その子は私にすぐに
懐いてくれました。

 

それ以来お邪魔すると、ダッシュで駆け寄ってくれてすぐに仰向けに寝っ転がって
両手(前足)をあげ、ガニ股になってお腹をみせてくれます。

 

「元気だった〜?!よーしよし。いい子いい子」とお腹を手のひら全体で愛情を
こめてなでてやります。

 

すると目をつぶってとても気持ちようさそうな顔をしてくれます。

 

そのあとに親友の頭をなでで「よーしよし。アンタも元気だった?」「わたしも犬?(笑)」が
彼女のお宅に行ったときのお決まりの挨拶になっています。

 

犬がしっぽを振るといっても、実はしっぽの角度や振り方で「心境」に違いがあります。

 

振りの大小に関わらず素早い振りは興奮度が高いときです。

 

また狭い幅で少ししっぽを振るときは、人間でいうと軽く挨拶する感じです。

 

大きく振ったりするときは仲良くしよう〜と敵意がないとき。

 

しっぽが振られることなくツンと斜め上に立った状態は、自分の方が上だぞと、
少し緊張感も入ります。

 

私たちにはしっぽはないのですが、そうですね、眉の形の動きがそれに近いかもしれません。

 

笑うと山型、悲しくなると下がり、怒るとつりあがり、、、犬のように感情表現豊かはけっこうですが、
つりあがってばかりにならないように気をつけたいと思います。