マカDXを楽天で購入

自力で元気を出す方法は?

自力で元気を出す方法は何でしょうか?

 

元気がなくて落ち込んでいるとき、自分で元気を出すのはなかなか難しいものです。

 

とは言え、自然に解決しているときと、何ともならないでいつまでも沈んでいるときがあるように、
元気がないという状態にも「度合い」が存在します。

 

軽微であれば、自分の行動だけで解消することが出来ます。

 

まず一番軽い状態では、ラジオを付ける、音楽をかけるなどがお勧めです。無音の空間に居ては
色々なことを考えてしまうので、何か情報を入り込ませるようにしましょう。

 

次に他人にアクセスするという方法が挙げられます。友達などに、直接悩みを相談しなくてもちょっと連絡を
取ってみるだけでかなり違います。

 

新たな刺激をもらえるかもしれません。もし手近にそこまで親しい友人がいなければ、
SNSなどで不特定多数の人に何か情報を発信してみても良いでしょう。

 

人にも会いたくない、めんどくさいという状態であれば、とりあえず散歩に出かけてみるのがお勧めです。

 

外に出たくないという場合は、時間が解決するのを頼みにします。とりあえず横になって寝て脳をリセットしましょう。

 

それでも長期的に解決できない場合は、専門のお医者さんに診てもらうのをお勧めします。

 

元気が出ない時、簡単に元気を取り戻す方法

 

落ち込んでいるとき、悩みがある時など、どうしても気分は沈んでしまうし、表情も暗く元気がなくなってしまいますね。そんな人の近くにいる人もまた、暗い表情を見て、元気が吸い取られてしまうこともあります。

 

これでは悪循環ですね。

 

そこで、簡単に元気を取り戻す方法をお話していきます。

 

無理矢理でいいのです。笑顔を作ってみましょう。ぎこちなくてもいいのです。

 

口角を上げ、不自然でもいいので、「笑顔」を作るだけでいいのです。

 

騙されたと思って、やってみましょう。

 

そして、「幸せだなぁ」「ありがたいなぁ」と、言ってみましょう。

 

 

更に、笑顔が作りやすくなるはずです。

 

実は、人は怒った顔をしていい言葉を発せられない仕組みになっています。

 

逆に笑顔になったままでも、悪い言葉を発しにくくなるのです。

 

ですから、この仕組みを利用して、元気を取り戻すために、先に笑顔を作ってみましょう。

 

それだけで気分が明るくなり、いい言葉を発することでさらに前向きになり、自然と元気を取り戻しやすくなります。

 

笑顔だけではなく、胸を張ったり、身体をはつらつと動かしたり、顔を上げたり、空を見上げたり、元気な時にする傾向にある行動を起こすことで、脳が「元気なんだ」と錯覚し、自然と元気を取り戻せるようになるのです。

 

まずは試しに、自分が思い描く元気な人のまねをしてみましょう。

 

最初は無理矢理でも、なんとなく惰性でいい方向に前進できるはずです。